バーチャルオフィスアジア・アメリカでお探しなら、ベンチャーシティへ

世界のバーチャルオフィスは、ベンチャーシティへ 03-3447-5578
世界のバーチャルオフィス
ロケーション・サービス
お申し込みの流れ
Q&A
お問合せ
会社案内

会社を設立する


Q:シンガポールで会社を設立できるの?

A:
当社では、下記の会社登録の代行を行っております。

・Public Company
・Private Limited Company
・BVI Company

Q: 会社設立手続き方法

A:
当社では、日本国内に在住するシンガポール国際弁護士に依頼のもと、日本国内で設立内容のヒアリングを行わせていただき、会社設立から、銀行口座開設まで行うことができます。

Q: シンガポールで会社を設立するメリット
A:
シンガポールでは、税率がとても低いのが魅力です。

最高税率は法人で17%。所得税は20%となっています。 日本の住民税や地方税は存在しません。また、住宅購入の際の不動産取得税もありません。 そのため、世界中の企業が集まる国ですので、たくさんのビジネスチャンスがあるのもの魅力です。


Q: 会社設立の際の法律について
A:
シンガポールの法律では、カンパニーセクレタリーを会社の役員として、会社設立後6ヶ月以内に任命することを定めています。これは、シンガポール居住者を任命しなければいけません。

カンパニーセクレタリーは、法律上要求されている文書の作成や保管を行う会社秘書役の事を指します。重要な文書を扱うなど、複雑ですので、当社で請負も可能です。→料金・内容等を確認


Q: シンガポールに外国人が働くためには
A:
シンガポールにおいて就労する場合には、エンプロイメント・パス(EntrePass)を取得する必要があります。

当社では、申請代行も行っておりますHPにてご確認ください。

Q: 銀行口座開設をするには
A:
法人申請許可取得後、銀行口座開設は可能です。 本来、銀行で書類にサインをしなければいけない為、登記書を持って株主が直接、銀行に赴く必要がありますが、当社では、シンガポール国際弁護士 提携のもと、日本にいながらで口座開設が可能となります。

ページトップへ
03-5739-1822
Venture City. ALL RIGHTS RESERVED.